スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本航空[JAL] エグゼクティブクラス(ビジネスクラス) 成田>香港 2010年2月

アジア線のJALビジネスクラスの機内食はいつものことながらあまり期待はしていないのだが、この日の和食は悪くはなかった。
機内からは雪化粧した富士山が。

JAL機内からの富士山001


JAL機内からの富士山002

この日の和食のメニューは以下の通り
・前菜(鱒 小袖寿司、烏賊このこ和え 籠盛り、京芋 昆布巻、つの字海老、むかごしんじょ、酢取り茗荷 梅麩)
・向付(鯛のお造り)
・小鉢(海老芋、金時豆、蛸の柔らか煮)
・台の物(鱈 蟹餡掛け)
・ご飯/香の物/味噌汁
・和菓子(饅頭)
・緑茶
・アイス(ハーゲンダッツ)

さすがに鯛のお造りは厳しかったが、小鉢は悪くなかったし、近距離線の和食ということを考えると、こんなものではないかと思った。

JAL香港線 おつまみ1002

おつまみは今回から明らかにレベルが下がった。ナッツのほうがアーモンドとチーズスティックの時は美味しかったのだが。。亀田のあられも種類が減ったうえに安そうな具だけになった。経営状態からすると仕方ないが寂しい。。。

お酒の種類は短距離のビジネスクラスでは選択の余地が少なく、ワインだとシャンパーニュはエドシェック、白はマコンヴィラージュ、赤はスペインのミゲル・トーレス ネローラとなっている。シャンパーニュもエドシェックだと正直1杯がいいところ。これがルイ・ロデレールぐらいだと盛りあがるのだが。

JAL香港線ビジネスクラス機内食 和食1002
前菜は微妙だが、台の物はそこそこ美味しく食べられた。旅館料理のような前菜は古臭いし美味しく感じない人も多いと思うのでメニュー構成はそろそろ考え直したほうが良いと思う。

今回のクルーのサービスは残念ながら総じてレベルが低かった。民事再生法を申請してから間もないタイミングでありながら、全く乗客のほうを向いていないサービスであり、このような質の低いベテランCAがJALをダメにしたのかもしれない。

JAL機内食 香港線 和食1002001

JAL機内食 香港線 和食1002002

JAL機内食 香港線 和食1002004

JAL機内食 香港線 和食1002005

お酒は和食なので日本酒をセレクト。久し振りの上喜元を機内で飲むのも良いものだ

JAL機内食 香港線 和食1002006

JALの香港線といえばアイスはハーゲンダッツ。

[私的気まぐれ評価]
グルメ度 ★★★
グッド・サーブ度 ★
オリジナリティ度 ★
ボーナス評価

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワォー!
ヘッド・スノー・マウンテン・FUJI 。
きれいに撮れているねぇ!
年賀状の画像にピッタリですね。
Y! 検索

プロフィール

kirita

Author:kirita
2002年からHPのコンテンツとして開始し、一時中断していた世界の機内食グルメをブログで再開し、過去の分も含め移管しました。今後は当ブログにて更新していきます。

機内食投稿募集中!!
投稿については以下のアドレスへ

kiritappu@gmail.com

投稿のご案内は「こちら」を参照して下さい。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter
facebookページ
機内食&エアポートラウンジ ブログ

Facebookページも宣伝
RSSリンクの表示
食べログ
口コミグルメサイト[食べログ]
4travel
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。